キャンプ, テント泊

雷鳥沢キャンプ+立山縦走(1日目)

 


2018/07/14~15 雷鳥沢キャンプ+立山縦走

1日目


 

 

 

始発で出発する予定であったが、少し寝坊して出発。

 

初の富山に興奮しながらチケットを握りしめる。

 

富山駅、想像以上に綺麗な駅でした。

 

電鉄富山駅にて切符を購入

電鉄富山駅内の

【立山黒部アルペンルート】と表示のある切符売り場で購入できます。

 

ここで、

電車・ケーブルカー・バスのチケットを「往復」分の切符をまとめて購入することをおすすめします。

必ず、下山までの切符を買わないと帰りが大変です。

また、往復で購入すると、往復割引が適応される様です。

 

立山駅

 

【ケーブルカー】立山⇒美女平

 

【バス】美女平⇒室堂

 

ここで、ポイントです。

バスは左側に座りましょう。

私は何も知らずに右側に座ったが(右しか空いていなかった)、

後ほどわけを知ります。

 

左側に座れば、絶景の写真をたくさん撮れます。

 

雪の壁。

 

室堂到着です。

 

「立山玉殿の湧水」

ここで美味しい湧き水を飲めます。

 

建物を出ると、、、

思わず声が出てしまう程の絶景。

 

記念撮影。

 

景色が美し過ぎて、唖然としながら歩き続けます。

興奮し過ぎて、心臓がバクバクする。

 

夢の中にいるようです。

 

ただただ、写真を撮りまくります。

 

ずっと来たかった「ミクリガ池」

 

地獄谷

もの凄い音を立てて、煙が出ています。

 

 

360度全てが絶景。

 

憧れていたキャンプ場が見えてきた。

 

雷鳥沢野営場(雷鳥沢キャンプ場)

 

憧れていた地に、遂に来た!

 

料金を支払い、テント設営。

1張り500円です。

 

景色が美し過ぎて、言葉になりません。

 

 

いやーーーーーー、

こればヤバイ。

絶景。

 

夏のキャンプなのに、

自然冷蔵庫で、いつでもキンキンの飲み物を楽しめます!

 

同じ様な写真が多いですが、お許しください。

 

雷鳥沢ヒュッテ。

雷鳥沢キャンプ場の近くでは、ここで多少の食糧等を購入できます。

売価は、地上の2倍ちょい位です。

 

1発目の飯(軽食)

 

インスタントなのに、うんめぇえ~

 

至福のひと時

 

日が沈みます。

 

日が沈んで少ししたら、立山がオレンジ色に染まります。

美しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この景色を見れて良かった。

 

1日目終了。

ご来光に備えて早めに寝ます。

日の出時間をグーグルで調べると、

・・・  4:42

 

2時には出発しないと間に合いません。

おやすみなさい。

 

 

【雷鳥沢キャンプ+立山縦走(2日目)】

【雷鳥沢キャンプ+立山縦走】


 

 

雷鳥沢キャンプ+立山縦走(1日目)” に2件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です