フィッシング

2016/06/26 琵琶湖ボートガイド

毎週の様に琵琶湖に来ていて、毎回疑問と格闘しています。
そう、どうすればロクマル様に会うことが出来るのか。
憧れです。

ロクマル様に少しでも近づくために、琵琶湖ガイド受けてきました。
一度は受けてみたかった。
結果的には、ものすごく勉強になった。
ガイドと言うと、
最初のイメージは仕事観満載で、楽しい釣りは出来ないものというイメージでした。
しかし実際に受けてみると、
ガイドさんは自分達の視点教えてくれます。
プロに教わることが出来るのだから、
何よりも最短の上達につながります!
実際に今まで無かった色々な考え方をすることが出来る様になった。
ガイドを受けて、心の底から良かったと思う^^

お決まりの道を通り、お決まりのコンビニへ行き買い出し。
ワクワクしながら現地到着!

出船!


ガイドさんのアドバイス通りにやっていると・・・

ラインが走る・・・
我慢・・・
我慢・・・
フッキング!

出た―――――!!

55センチ! 2600グラム!
55は私の自己記録サイズであった。
あと1センチ欲しかった・・・
琵琶湖の神様のいたずらですかね。

欲は言いません。
ロクマルを追い求めているこの時間が楽しいのです。


ドシャローのカバー打ちでした。
信頼のデスアダースティック。
十分なウェイトがあり、ノーシンカーで十分飛びます。

ルアー: デプス デスアダースティック ジューンバグ 5.5インチ
リグ : ノーシンカー
ライン : 16ポンド

 

それにしても、凄すぎる。
ガイドの腕前。 知識。 判断力。

今回ガイドを受けて、バス釣りに対する考え方が変わった。
今まで何も考えていなかったなと思い知らされました。
初期段階でガイドを受けて知識を付けていれば、
今やっている釣りは全くじがったものであったのだろう。
上達の秘訣は、自分を捨てて上手い人を真似ることです。

まあ、今これに気付けたことに感謝しています。
今ではこのガイドさんのことを、
知人との間では、「パパ」と呼ばせて貰っています。
怒られるかな。

最近は毎週琵琶湖に来ている。
裏を返せば、琵琶湖以外に行っていない。
良いのか。悪いのか。

幸せです。
ありがとう。

余談ですが・・・
素晴らしい物を見つけてしまいました。
日本の誇りである「琵琶湖」のステッカー
めちゃめちゃカッコイイ!!
とりあえず、携帯・タックルボックスに貼ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です